メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

英老舗靴店、非白人ダンサーのため茶色いトウシューズを初製作

 11月5日、英国の老舗ダンスシューズ店「フリード」が同国で初めて、非白人のバレエダンサーのためのトウシューズを製作した。肌の色に合うブロンズ色と茶色のものが揃えられた。(2018年 ロイター)

 [5日 ロイター] - 英国の老舗ダンスシューズ店「フリード」が同国で初めて、非白人のバレエダンサーのためのトウシューズを製作した。肌の色に合うブロンズ色と茶色のものが揃えられた。

     非白人のバレエダンサーらはこれまで、標準的なピンク色のトウシューズにファンデーションを塗り、暗い色にしなくてはならなかった。

     黒人・アジア系のバレエ集団「ブラック・バレエ」に所属するマリー・アストリッド・メンスさんは「バレエ用品店で自分の肌の色に合うものを見つけるのは、とても特別なこと。バレエ界の一部になったような気がするし、自分の肌と同じ色のものがそこにあって手に取れるのだから、不可能なことは何もないように思える」と話した。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
    2. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く
    3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
    4. 稲垣吾郎 SMAPの活動は「宝」、草なぎ&香取と元号またぎ生放送特番(スポニチ)
    5. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです