メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大岡信と戦後日本

/8 「前衛短歌」論争 新たな詩表現を求めて

 1956(昭和31)年、雑誌『短歌研究』3月号に、「論争 前衛短歌の方法を繞(めぐ)って」のタイトルで2本の論文が掲載された。「想像力と韻律と」と題した大岡信(まこと)の文章と、それをあらかじめ読んだうえで書かれた歌人、塚本邦雄(20~2005年)の「ガリヴァーへの献詞 魂のレアリスムを」である。塚本論文の表題は、大岡が文中で、系統的に歌集や短歌雑誌を読んでいないとして、自らを「大人国を訪れたガリヴァー」になぞらえたところからきている。

 2人が同誌で数回にわたり応酬を重ねるとともに、他の歌人、詩人、俳人も次々と寄稿し、議論に加わった。…

この記事は有料記事です。

残り1755文字(全文2026文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. 駐日アフガン大使、涙声で「アフガンの偉大な友人で英雄です」 中村哲医師のお別れ会に5000人

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  5. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです