メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大岡信と戦後日本

/8 「前衛短歌」論争 新たな詩表現を求めて

 1956(昭和31)年、雑誌『短歌研究』3月号に、「論争 前衛短歌の方法を繞(めぐ)って」のタイトルで2本の論文が掲載された。「想像力と韻律と」と題した大岡信(まこと)の文章と、それをあらかじめ読んだうえで書かれた歌人、塚本邦雄(20~2005年)の「ガリヴァーへの献詞 魂のレアリスムを」である。塚本論文の表題は、大岡が文中で、系統的に歌集や短歌雑誌を読んでいないとして、自らを「大人国を訪れたガリヴァー」になぞらえたところからきている。

 2人が同誌で数回にわたり応酬を重ねるとともに、他の歌人、詩人、俳人も次々と寄稿し、議論に加わった。…

この記事は有料記事です。

残り1755文字(全文2026文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 婚活サイトで知り合った20代女性に準強制性交等容疑 新潟税務署員を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです