メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大岡信と戦後日本

/8 「前衛短歌」論争 新たな詩表現を求めて

 1956(昭和31)年、雑誌『短歌研究』3月号に、「論争 前衛短歌の方法を繞(めぐ)って」のタイトルで2本の論文が掲載された。「想像力と韻律と」と題した大岡信(まこと)の文章と、それをあらかじめ読んだうえで書かれた歌人、塚本邦雄(20~2005年)の「ガリヴァーへの献詞 魂のレアリスムを」である。塚本論文の表題は、大岡が文中で、系統的に歌集や短歌雑誌を読んでいないとして、自らを「大人国を訪れたガリヴァー」になぞらえたところからきている。

 2人が同誌で数回にわたり応酬を重ねるとともに、他の歌人、詩人、俳人も次々と寄稿し、議論に加わった。…

この記事は有料記事です。

残り1755文字(全文2026文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 停電続く千葉・館山と南房総市に大雨で避難勧告

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  5. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです