メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「こんな夜更けにバナナかよ」札幌で試写会 車椅子の30人も鑑賞 難病の鹿野さんと介助ボランティア交流描く /北海道

 全身の筋肉が衰える難病「筋ジストロフィー」を発症し、2002年に42歳で亡くなった札幌市の鹿野靖明さんと介助ボランティアの交流などを描いた映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」(前田哲監督)の試写会が札幌市であり、エキストラとして出演した車椅子利用者など約300人が鑑賞した。11日には前田監督が講演する。【安達恒太郎】

 作品は難病を発症し、24時間介護が必要になった鹿野さんが、自宅でボランティアたちと自立生活すること…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文688文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  2. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  3. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  4. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  5. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです