メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上司殺害

懲役20年 地裁判決「周到に犯行計画」 /千葉

 上司だった男性を刺殺したとして殺人と銃刀法違反の罪に問われた元会社員、畔周作被告(39)の裁判員裁判の判決が6日、千葉地裁であった。岡部豪裁判長は「身勝手な思惑から殺害という決断をし、周到で巧妙な犯行計画を練っており、格段に悪質」と述べ、懲役20年(求刑・懲役22年)を言い渡した。

 判決によると、畔被告は昨年11月30日、船橋市の部品製造会社の応接室で、社員の海老根一城さん(…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文476文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
  4. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです