メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麺食い・列島味便り

秩父のそば 埼玉県秩父市 多彩な粉、配合、つゆ

「和味」の「せいろそば」。そばは、挽きたて、打ちたて、ゆでたてを提供するために一日50食分のみ打つ。うち1食は店主が食べて店内の「採点表」に店数を記入。客に提供するのは49食だ=埼玉県秩父市荒川日野の「和味」で、近藤浩之撮影

 埼玉・奥秩父の里山の懐に「そば処 和味(なごみ)」(秩父市荒川日野)がある。店では自ら栽培したそばの実をひいてそば粉にする。早朝に打ったばかりのせいろそばを箸でひとつまみする。爽やかで品の良いそばの香りがつゆに絡み、鼻腔(びこう)をくすぐる。ほどよい硬さで、つるんとのどを滑り落ちた。

 店主の江田治雄さん(66)が言う。「そばの風味を楽しんでいただくため粗びきし、のどごしを良くするよう小麦粉と1対1の割合で打ちます」

 秩父は、そばの町だ。元来、砂利が多いやせた土壌で稲作には適さなかった。それを逆手にとり、水はけの良…

この記事は有料記事です。

残り1193文字(全文1453文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです