メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リニア中央新幹線

県「今後は対話」 JRが流量データ開示受け /静岡

 リニア中央新幹線の建設工事で大井川水系の流量減少が懸念されている問題で、難波喬司副知事は6日に記者会見し、JR東海から流量減少に関するデータが開示されたと明らかにし「JRとはこれまでは論争だったが、今後は対話になる」と述べた。JRと利水者の流量減少対策に関する基本協定については「ゼロリスクはあり得ない」と述べ、一定程度のリスクが残った状態でも住民の理解が得られれば締結する可能性を示唆した。

 副知事によると、10月30日にJRから段ボール10箱分の資料が送られてきた。流量減少を最大毎秒2ト…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです