メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

支援の活動報告 静岡市港北消防署 り災証明など担う /静岡

 今夏の西日本豪雨で大きな被害があった広島県呉市に職員を派遣した静岡市港北消防署で、帰還した職員の活動内容報告が行われた。5人が市職員として派遣され、避難所の運営支援や、り災証明書の手続きを担う一般行政職として現地で活動した。同署によると、消防職員が救命・消防活動でなく、こうした支援活動で被災地に派遣されるのは、同市で初めてという。

 報告会は大規模災害時の被災者支援研修も兼ねて今月2日にあり、職員約60人が参加した。市消防局全体では計19人の職員が天応、安浦地区に派遣され、避難所に物資を搬送したり、り災証明書の申請受け付けなどの職務にあたった。

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文477文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 脳しんとうの力士が取り直し 土俵の安全性に警鐘 協会、初場所後に本格協議へ

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 警視庁担当記者が過激派「中核派」のアジトに入り、見た世界とは

  5. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです