ヘッドバッジ

個性あふれる自転車の顔ずらり アメ村の「PALM GARAGE」200種類を展示 30日まで /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
小さいが個性的なヘッドバッジを並べる笑中ふみさん=大阪市中央区西心斎橋1のパームガレージで、亀田早苗撮影
小さいが個性的なヘッドバッジを並べる笑中ふみさん=大阪市中央区西心斎橋1のパームガレージで、亀田早苗撮影

 1970~90年代に作られた、珍しい自転車の「ヘッドバッジ」約200種類を、大阪ミナミのアメリカ村にある自転車店「PALM GARAGE(パームガレージ)」(大阪市中央区西心斎橋1)が店内で展示している。30日まで。無料。

 ヘッドバッジは、自転車のハンドル支柱に付ける部品。真ちゅうやアルミ製で、自転車メーカーのトレードマークや名前などが記されている。「GOOD BOY」の文字に金太郎をあしら…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集