メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

見守り支援を4区分 東日本大震災の手法導入 /広島

 西日本豪雨から6日で4カ月。県は被災者の見守り活動について、状況に応じて支援対象者を4区分化することを決めた。東日本大震災や熊本地震で採用された手法を導入。保健師らの面会頻度を区分に応じて見直すなど、中長期を見据えた効率的な支援体制を構築する。

 支援区分は、「住まい再建の実現性」と「日常生活の自立性」の二つの基準で判断。いずれも高ければ「生活再建可能世帯」とし、それ以外を「日常生活支援世…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです