メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大島大橋貨物船衝突

2週間 断水・交通規制、来月上旬まで 観光客激減が商工業者直撃 /山口

 周防大島町と柳井市を結ぶ大島大橋(1020メートル)にマルタ船籍の貨物船が衝突した事故から5日で2週間が経過した。町内全域での断水や橋の交通規制は12月上旬まで続く見込みだ。観光客の激減は商工業者を直撃し、断水で、小中学校では温かいおかずのない給食が続く。物流の停滞にミカン農家は出荷に頭を悩ましている。【松本昌樹、祝部幹雄】

この記事は有料記事です。

残り1166文字(全文1330文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  2. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  3. 首相、トランプ氏「令和初国賓」にこだわり 大相撲観戦アイデアも
  4. トランプ氏大相撲へ 千秋楽で急須と湯飲みが使えなくなる?
  5. トランプ大統領来日、警備に頭悩ませる警視庁 ドローンだけでなく「座布団対策」も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです