メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古「1カ月協議」 国と県合意、工事継続は平行線

菅義偉官房長官との会談後、記者団の質問に答える沖縄県の玉城デニー知事=首相官邸で2018年11月6日、川田雅浩撮影

 沖縄県の玉城デニー知事は6日、菅義偉官房長官と首相官邸で会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事を巡る政府と県の協議を、今後約1カ月間行うことで合意した。政府からは杉田和博官房副長官、県側は謝花(じゃはな)喜一郎副知事が出席し、近く始める。しかし会談では移設反対を改めて主張した知事に対し、菅氏は移設工事を継続すると伝え、平行線に終わった。政府は協議中も工事を続ける構えだ。(2面に「アクセス」)

 政府は県による埋め立て承認撤回処分の執行停止を受け、1日に工事を再開した。県は対抗措置として、政府…

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文708文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです