メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インドネシア地震

地下高水圧で泥流 東大准教授調査

インドネシア・スラウェシ島で発生した大規模な地盤流動のイメージ

 インドネシア・スラウェシ島の地震で、多数の犠牲者が出た液状化現象による大規模な泥流は、地下水の水圧が高いために起こったとみられることが、東京大の清田隆准教授(地盤工学)らによる調査で分かった。被害地域は計5平方キロ以上に及び、場所によっては1キロ以上も地面が水平に移動した異例の災害だった。

 地震は9月28日に発生し、判明しているだけで2000人以上が死亡。泥流は液状化による地盤流動で、津波よりも多くの犠牲者が出る原因になった。少なくとも1300人以上が行方不明で、多くは埋まったままとみられる。

 清田准教授らは10月中旬と今月の計2回、現地調査した。泥流はパル市など主に3地域で発生。いずれも傾…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文747文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  4. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  5. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです