メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中間選挙2018

大統領選並み、終盤テコ入れ トランプ家動員、過密日程

上下院議員選の情勢

 中米諸国から米国を目指す移民集団「キャラバン」が北上する中、トランプ氏が事実上の信任投票と位置付ける中間選の投票が始まった。中間選は、連邦上院35議席、下院435議席、知事36州の選挙のほか、各州で議会・公職選が一斉に実施される。トランプ氏は2020年大統領選もにらみ「トランプ家」を挙げた活動を展開し、与党・共和党候補への投票を呼びかけた。

 中間選の共和党勝利を今後の施策推進と20年再選の弾みとしたいトランプ氏は、選挙最終盤に自身の選挙並みの過密日程を組み支持層のテコ入れを図った。選挙戦最終日の5日はオハイオ、インディアナ、ミズーリの中西部3州を大統領専用機で飛び回り集会を開催。好調な国内経済を実績としてアピールし、知事選や上院選候補への投票を呼びかけた。ワシントン帰着が6日未明となる強行スケジュールだった。

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文897文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パンデミックでない」WHO強調 新型コロナ感染拡大で危険性「最高」に引き上げ

  2. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  3. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです