メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

サウジ人記者殺害事件

保坂修司氏

 サウジアラビア人記者がトルコのサウジ総領事館で殺害された事件が波紋を広げている。「死亡否定」から「殺害認定」に変わったサウジ当局の弁明に国際社会の非難が高まり、サウジの体制を揺るがしかねない事態に。イスラム教の2大聖地を抱える世界最大級の産油国はどうなる。中東の覇権争いへの影響や米欧日との関係は。

現体制崩壊の可能性低い 保坂修司・日本エネルギー経済研究所中東研究センター研究理事

 今回の事件で亡くなったジャマル・カショギ氏はサウジアラビア国内よりも外国メディアに対して大きな影響…

この記事は有料記事です。

残り4389文字(全文4630文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 台湾、南太平洋キリバスと断交 外交関係のある国は15カ国と最少に

  4. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです