メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トヨタ

北米市場は減益 先行きに警戒感 9月中間

トヨタ自動車の2018年9月中間連結決算説明会で質問に答える小林耕士副社長(左)とディディエ・ルロワ副社長=東京都文京区で2018年11月6日午後2時20分、内藤絵美撮影

 トヨタ自動車が6日発表した2018年9月中間連結決算は、3年ぶりの営業増益となった。だが、主力の北米市場は減益となり、トランプ政権の保護主義政策を受けた生産体制の見直しや自動車関税の引き上げなどの懸念が残る。堅調な中国や欧州も米中の貿易摩擦や英国の欧州連合(EU)離脱問題、国内でも来年10月に予定する消費増税が重しに。自動運転など次世代自動車を巡る競争が加速する中、世界各地で課題を抱えている。

 「追い風と向かい風が吹いている。消費者心理は全体的に良いが、複雑な貿易などの課題がある」。東京都内…

この記事は有料記事です。

残り1122文字(全文1372文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです