メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三菱マテリアル

データ改ざん影響 100億円下方修正 19年3月期最終益

 三菱マテリアルは6日、2019年3月期の連結最終(当期)利益予想を従来の350億円から250億円に下方修正した。グループによる一連のデータ改ざん問題の対策費用に約31億円を見込んだほか、金属事業で製錬費用が増えたことなどが響いた。

 データ改ざん対策では、品質検査関連の労務費が増えたほか、企業統治強化に向け…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文386文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 千曲川決壊、過去最大の水量による水圧 越水も重なる 台風19号

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです