メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

継続性ある地域ブランドとは=農業ジャーナリスト・青山浩子

 ブランドが認知されている農畜産物は数多い。地域ブランドとして保護の対象となる「地域団体商標」の登録を受けた商品は641点(10月末現在)ある。ブランドが誕生する背景には、作物にとって良好な自然条件、気候風土に合致した品種選定、生産者の技術力等がある。真価が問われるのは誕生した後。高い評価をどう維持するかだ。一定の品質や規格に沿った商品だけを出荷するルールの順守は必須だ。もう一つ、ブランドを守ろうとする精神を農家が代々引き継いでいくことも欠かせない。

 浜松市の三ケ日(みっかび)地域は「三ケ日みかん」がよく知られている。先ごろ出会った若手農家が、20…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文700文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  2. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  3. 青森 グーグルマップ改ざん 中学校名に「いじめ」
  4. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです