メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

継続性ある地域ブランドとは=農業ジャーナリスト・青山浩子

 ブランドが認知されている農畜産物は数多い。地域ブランドとして保護の対象となる「地域団体商標」の登録を受けた商品は641点(10月末現在)ある。ブランドが誕生する背景には、作物にとって良好な自然条件、気候風土に合致した品種選定、生産者の技術力等がある。真価が問われるのは誕生した後。高い評価をどう維持するかだ。一定の品質や規格に沿った商品だけを出荷するルールの順守は必須だ。もう一つ、ブランドを守ろうとする精神を農家が代々引き継いでいくことも欠かせない。

 浜松市の三ケ日(みっかび)地域は「三ケ日みかん」がよく知られている。先ごろ出会った若手農家が、200年弱に及ぶ歴史を語ってくれた。数々の苦難を乗り越え、農家や農協が良質なみかんづくりに努めてきたから、「いまの自分たちがある」と先人への感謝を口にした。常に農家同士で確認しあっているのだろう。ごく自然に出た言葉に思われた。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 2月7日の宣言解除「現実的でない」 中川・日本医師会長

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです