メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

大谷和敬さん=サラリーマンによる衛星開発メンバー

大谷和敬さん

大谷和敬(おおたに・かずたか)さん(36)

 始まりは2014年、東京・新橋の飲み会。宇宙好きが集まり、「僕らだからできる宇宙開発がしたいね」と盛り上がった。誰一人、宇宙開発とは関係なかった。それから4年、自分たちが作った小さな人工衛星がようやく宇宙へ届いた。

 プロジェクトの名前は「リーマンサット」。自らを含め参加者の多くがサラリーマンだ。「やりたいことをやったら、本業とは違うもっと大きな力を発揮できると思った」。職場でも、家庭でもない「第3の場所」に、今は中学生から60代まで約350人が集う。自主性を尊重し、「来る者拒まず、去る者…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文672文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ケ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈りささげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです