メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

大谷和敬さん=サラリーマンによる衛星開発メンバー

大谷和敬さん

大谷和敬(おおたに・かずたか)さん(36)

 始まりは2014年、東京・新橋の飲み会。宇宙好きが集まり、「僕らだからできる宇宙開発がしたいね」と盛り上がった。誰一人、宇宙開発とは関係なかった。それから4年、自分たちが作った小さな人工衛星がようやく宇宙へ届いた。

 プロジェクトの名前は「リーマンサット」。自らを含め参加者の多くがサラリーマンだ。「やりたいことをやったら、本業とは違うもっと大きな力を発揮できると思った」。職場でも、家庭でもない「第3の場所」に、今は中学生から60代まで約350人が集う。自主性を尊重し、「来る者拒まず、去る者…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  3. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 屋久島豪雨「命の危険感じた」 車中で一夜、下山の男性

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです