メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハマりました。

頭蓋骨グッズ 内なる死見つめ、生きる力に

しゃれこうべにまつわるコレクションを並べた展示室に立つ河本さん=兵庫県尼崎市で、田倉直彦撮影

 頭蓋骨(ずがいこつ)といえば日本では不吉な印象だが、死の象徴であるがゆえにアクセサリーや仮装などで親しむ国がある。脳神経外科医の河本圭司さん(74)=兵庫県尼崎市=は、そんな懐の深い「しゃれこうべ」に魅せられている。

 国道2号を車で走ると、道沿いの住宅街に巨大な頭蓋骨を壁面に掲げた建物が現れ、ギョッとする。近づくと、門前に骸骨が出迎えるように椅子に座っている。正面のヘッドライトを目に見立て、どくろ模様に塗った軽乗用車が駐車場に。ご丁寧にもナンバーは「10-96(ド・クロ)」。3階建ての裏手に回って仰ぎ見る。窓が目や口、バルコニーが頬骨の出っ張りに--と、建物がどくろの形になっている! ここは、知る人ぞ知る「世界初」の頭蓋骨づくしの私設博物館「シャレコーベ・ミュージアム」なのだ。

 館長の河本さんが30年かけて、頭蓋骨そのもののほか、Tシャツやおもちゃ、フィギュア、彫刻などの関連グッズを集めた。その数なんと約7800点。館内には約1200点を展示し、残りは倉庫を借りて保管しているが、既に満杯だという。

この記事は有料記事です。

残り1160文字(全文1616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 保健師団体、感染症法改正に反対声明 「罰則は症状隠す行動につながる」と懸念

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです