メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/96 第二話 姑の墓=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

「--もちろん、お恵さんは事切れておりました」

 春の陽(ひ)ざしは明るく、黒白の間の隅々まで照らしている。しかし、上座で語る今のお花の顔には影が落ちていた。

 聞き手の富次郎は、いつの間にか膝の上で両手を固く握りしめていた。そのなかに冷たい汗をかいていた。

「母の方も無事では済みませんで、それ以来、まるで置物のようになってしまったんです」

 呼吸(いき)はしている。だが口をきかない。誰が呼びかけても応じず、瞳は曇ってしまって焦点が定まらな…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  3. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  4. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害
  5. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです