メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親ありて

絵本作家・鈴木のりたけさんの母 茲実さん/上 「創作の喜び」日記きっかけ

 「しごとば」シリーズなどで知られる絵本作家、鈴木のりたけさん(43)。遊び心あふれる作品の数々は、読者に幸せなひとときを与えてくれる。「面白い子」と評判だった幼少期を、母茲実(ますみ)さん(73)は懐かしそうに振り返る。

 1975年7月31日、浜松市で父義雄さん(故人)と茲実さんの次男としてこの世に生を受けた。3700グラム。ちょっと大きな赤ん坊には、後にペンネームとなる「のりたけ」を漢字にした「典丈」という名が贈られた。「私の父が付けたんです。『辞典』の『典』と『丈夫』の『丈』だから、賢くて健康な子になるようにって願いを込めてくれたのかしらね」と笑う。

 ところが、1歳児健診で心室中隔欠損と診断された。左右の心室を分ける心室中隔に穴が開いている先天的な…

この記事は有料記事です。

残り1154文字(全文1485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです