メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

『たそがれてゆく子さん』 伊藤比呂美さん

 (中央公論新社・1512円)

「初老」の心境、ありのままに

 詩人の伊藤比呂美さん(63)のエッセー「たそがれてゆく子さん」が刊行された。米カリフォルニアでの生活に一区切りを付け今春から拠点を熊本に移した。「3人の娘を育て、両親と夫をみとり、気づけば還暦」。本書には「いま、初老」という自身の気持ちがつづられる。【明珍美紀】

 「リアルがない」。パートナーで英国出身の美術家、ハロルド・コーエンさんが一昨年春、87歳でこの世を…

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1128文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  3. 内閣支持率37%、不支持率40% 2カ月ぶり逆転 毎日新聞世論調査
  4. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
  5. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです