メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしとつなぐ

診断後の混乱を支え=国立がん研究センター東病院 がん相談統括専門職 坂本はと恵

 「最近、主治医の先生と上手にコミュニケーションが取れないんです。先生の話す専門用語がうまく理解できず、苦手意識が生じたことがきっかけです」

 20代の娘さんといつも連れ立って外来受診されていた50代女性の言葉です。後日、娘さんが1人で相談に来た際には「いつも明るくて社交的だった母が、がんになってからめっきり口数が少なくなりました。今まで一度もそんな母を見たことがなかったので、すごくつらいです」と打ち明けてくれました。

 当初、「これは主治医の診療態度への指摘だろうか」と感じましたが、真意は異なっていました。本人とご家…

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文1030文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 米探査機 小惑星に「水」 米版はやぶさが観測
  3. 医療用麻薬乱用容疑、40代女性医師が死亡 仙台中央署が書類送検へ
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです