メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

本態性振戦 手がふるえる=答える人・矢崎俊二医師(新百合ケ丘総合病院・神経内科部長)

 Q 本態性振戦 手がふるえる

 手がふるえて思うように字が書けず、会食の時にはしが持てません。医師に「本態性振戦(ほんたいせいしんせん)」と診断されましたが、どうなるか心配です。(千葉県、女性、78歳)

 A 症状軽ければ薬物で

 本態性振戦は、自分の意思に反して手や足がふるえる病気です。脳から末端への神経回路に何らかの異常が起きていると考えられますが、詳しい原因は分かっていません。高齢になるほど増え、65歳以上の15%が発症しているとされています。「手がふるえて字がうまく書けない」「茶わんやコップを持つと手がふるえる」のが特徴です。パーキンソン病と違い、手を動かさない時はふるえず、手足のこわばりや歩行障害もありません。

 症状が軽く、日常生活に支障が出ない場合は薬を服用するか、経過を観察します。公的保険で認められた薬は…

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文880文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. これが本当なら「現代の特高」…前川元次官が語る告発ノベル「官邸ポリス」のリアル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです