メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

成田空港

一坪共有地、法人化 高齢化で反対運動下火 相続後の買収防ぐ狙い

樹木が茂った部分が一坪共有地「木の根ペンションの庭」。左側の道路は共有地を避けて湾曲して建設された=千葉県成田市木の根で2015年6月28日午前11時40分、早川健人撮影

 成田空港の建設に今も反対して空港用地内などに一坪共有地を持ち合っている市民グループが10月末、一般社団法人の設立を法務局に申請した。全国に散らばる共有者約850人に協力を求め、土地の名義を法人にまとめ、成田国際空港会社(NAA)による土地買収に対抗するためだ。背景には共有者の高齢化による相続問題や反対運動の退潮がある。

 共有地を保有する市民グループ「大地共有委員会」によると、設立準備が進むのは一般社団法人「三里塚大地…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです