メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術 与党や議連に本人通知要望 障害者当事者団体

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らに不妊手術が行われていた問題で、全国96の障害当事者団体が加盟する認定NPO法人「DPI日本会議」は、被害者救済法案づくりを進める政府・与党ワーキングチーム(WT)と国会の超党派議連に要望書を提出した。手術記録が残る本人に通知しない方針を示した与党WT案に…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文379文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです