メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

北朝鮮の五輪参加は「所管外」 桜田担当相、すぐ修正

2020年東京五輪・パラリンピックへの取り組み方などについて語る桜田義孝五輪担当相=東京・永田町で2018年11月6日午後3時33分(代表撮影)

 桜田義孝五輪担当相が6日の閣議後の記者会見で、2020年東京五輪への北朝鮮選手団の参加について見解を問われ、「所管外」との趣旨の回答をし、会見後に事務方が発言を軌道修正する一幕があった。5日の参院予算委員会の答弁に続き、発言が迷走している。

 北朝鮮の東京五輪参加を巡っては、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が3月、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談。金委員長は参加に意欲を示し、IOCも支援を表明した。

 桜田氏は記者会見でその動きについて問われ「私は承知していないので何とも言えない。(入国については)まあ政府として、官邸や外務省などで決めること。私がとやかく言う内容じゃない」と答えた。「五輪に向けた政府内の総合調整を担当されているが、その件は範囲外か」と重ねて質問され「そのことについては範囲外だと思う」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 「どんな思いで亡くなられたのか」めぐみさんの同級生、声を詰まらせ 横田滋さん死去

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです