特集

第46回社会人野球日本選手権

社会人野球の単独チーム日本一を争う第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。

特集一覧

第44回社会人野球日本選手権

日本生命―NTT西日本

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

60秒で自動更新

  • ON
  • OFF

123456789
日生0013010005
NT0000000000

10



  
-
  -

【日本生命―NTT西日本】三回裏NTT西日本無死一、二塁、打者・伊東の時、二塁走者・中村が捕手からのけん制でタッチアウト(野手・伊藤ヴ)=京セラドーム大阪で2018年11月8日、山崎一輝撮影
【日本生命―NTT西日本】三回裏NTT西日本無死一、二塁、打者・伊東の時、二塁走者・中村が捕手からのけん制でタッチアウト(野手・伊藤ヴ)=京セラドーム大阪で2018年11月8日、山崎一輝撮影

日生、投打かみ合いNTT西を撃破

日本生命は三回表、1死満塁の場面で原田が押し出しの四球を選び先制。四回、六回にも原田の適時打などで追加点を奪い、終始主導権を握った。先発の阿部は7回を零封。高橋拓、山根の救援陣も相手に反撃の隙(すき)を与えなかった。NTT西日本は五回無死二、三塁の好機を逃したのが痛かった。

NTT西、痛かった走塁ミス

NTT西日本は序盤にあった二つの走塁ミスが痛かった。一つ目は一回2死。日下部が中前に安打を放つと一気に二塁を狙う。タイミングはセーフだったが、勢いあまり二塁ベースにうまく触れることができずタッチアウト(記録は二塁打)に。二つ目は三回無死一、二塁。伊東の2球目で二塁走者の中村が飛び出し、慌てて戻ったが捕手の送球で刺された。中村は「(ストライクで)バントしやすい球だと思った。焦った」と嘆いた。


▽先発オーダー

【日】7福富 6ヴィットル 5原田 D皆川 9上西 4籾山 2古川 3広本 8伊藤悠

【N】5浜田 9景山 7日下部 D中西 4山田 3長田 8中村 2田中 6伊東

▽先発バッテリー

【日】阿部-古川

【N】浜崎-田中

【日本生命-NTT西日本】日本生命先発の阿部=京セラドーム大阪で2018年11月8日、山崎一輝撮影
【日本生命-NTT西日本】日本生命先発の阿部=京セラドーム大阪で2018年11月8日、山崎一輝撮影
【日本生命-NTT西日本】NTT西日本先発の浜崎=京セラドーム大阪で2018年11月8日、山崎一輝撮影
【日本生命-NTT西日本】NTT西日本先発の浜崎=京セラドーム大阪で2018年11月8日、山崎一輝撮影

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る