忍者

秘術は主君にもマル秘 伊賀者の入門誓約書原本か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
掛け軸に表装された敬白天罰霊社起請文前書と高尾善希・准教授=三重県伊賀市の三重大学国際忍者研究センターで2018年11月6日、大西康裕撮影
掛け軸に表装された敬白天罰霊社起請文前書と高尾善希・准教授=三重県伊賀市の三重大学国際忍者研究センターで2018年11月6日、大西康裕撮影

 江戸時代に書かれた忍術書「万川集海」が藤堂藩で藩主や藩邸の警護にあたった「伊賀者」の教科書として使われ、一部が「マル秘扱い」だったことを示す江戸中期の伊賀者が書いた誓約書の研究を三重県伊賀市にある三重大学国際忍者研究センターが進めている。万川集海は研究者や忍者ファンの間では知られた書物だが、実際にどのように扱われたかを示す古文書は他に例がないという。

 誓約書は伊賀市大野木の木津俊夫さん(68)方で掛け軸に貼られ、木箱に入った状態で保管されていた。木津さんの父が表装したという。題名は「敬白天罰霊社起請文前書(きしょうもんまえがき)」で、木津家の5代目の伊之助が1716年に忍術の師匠とされる長井又兵衛に出したとみられる。伊之助は1714年に藤堂藩の伊賀者になったという。

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文797文字)

あわせて読みたい

注目の特集