メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中間選挙

後戻りしない キャラバン、希望求め

 治安悪化や貧困を逃れ、中米諸国から米国を目指す移民集団「キャラバン」。トランプ米大統領は、中間選挙で与党・共和党への保守票を上積みするため「入国を阻止する」と強硬姿勢を示す。やり玉に挙がったキャラバンの一行は5日早朝、長旅の疲れをこらえ、メキシコ南東部コルドバを黙々と歩いていた。その一人、ホンジュラス人のホルヘ・ウレアさん(24)は長男ホルヘちゃん(4)の手を引き「この子を安全な場所で育ててあげたい」と話す。【メキシコ市・山本太一】

 ウレアさんは妻シンディさん(25)とホルヘちゃんの3人家族。毛布や衣類が詰まった重い袋をウレアさん…

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文956文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです