米中間選挙

後戻りしない キャラバン、希望求め

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 治安悪化や貧困を逃れ、中米諸国から米国を目指す移民集団「キャラバン」。トランプ米大統領は、中間選挙で与党・共和党への保守票を上積みするため「入国を阻止する」と強硬姿勢を示す。やり玉に挙がったキャラバンの一行は5日早朝、長旅の疲れをこらえ、メキシコ南東部コルドバを黙々と歩いていた。その一人、ホンジュラス人のホルヘ・ウレアさん(24)は長男ホルヘちゃん(4)の手を引き「この子を安全な場所で育ててあげたい」と話す。【メキシコ市・山本太一】

 ウレアさんは妻シンディさん(25)とホルヘちゃんの3人家族。毛布や衣類が詰まった重い袋をウレアさんが肩に担ぎ、シンディさんもリュックサックに加え片手に荷物を提げる。両親に必死についていくホルヘちゃんは「コホ、コホ」とせきが止まらない。ウレアさんによると、10月14日にキャラバンに参加した直後から症状が止まらず、十分な薬を与えることができないという。見かねたシンディさんがホルヘちゃんをおんぶしてあ…

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文956文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集