メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

成田空港

反対運動存続狙い「一坪共有地」名義を法人化へ

樹木が茂った部分が一坪共有地「木の根ペンションの庭」。左側の道路は共有地を避けて湾曲して建設された=千葉県成田市木の根で2015年6月28日午前11時40分、早川健人撮影
一般社団法人が名義変更を目指す一坪共有地

 成田空港の建設に今も反対して空港用地内などに一坪共有地を持ち合っている市民グループが10月末、一般社団法人の設立を法務局に申請した。全国に散らばる共有者約850人に協力を求め、土地の名義を法人にまとめ、成田国際空港会社(NAA)による土地買収に対抗するためだ。背景には共有者の高齢化による相続問題や反対運動の退潮がある。

 共有地を保有する市民グループ「大地共有委員会」によると、設立準備が進むのは一般社団法人「三里塚大地共有運動の会」で、対象の共有地は空港敷地内外に3カ所ある。中でも、誘導路と駐機場に囲まれた通称「木の根ペンションの庭」は1983年以来、NAAの前身の新東京国際空港公団の買収を妨害して空港建設を遅らせるため、三里塚・芝山連合空港反対同盟旧熱田派を支援する同グループが土地名義を1000分の1ずつに分割して共有。横風用滑走路建設を阻んだ。

 公団側も共有者に売却を呼びかける手紙を再三送って反対運動を引退した人から買収を続けたが、現状で敷地の18・12%しか確保できず、空港内の道路と2002年開通の芝山鉄道はこの未買収地を避けて建設された。

 しかし、60年代から始まった反対運動に青年時代から参加した共有者の多くが70代を迎え、相続を機にNAAへの売却も増えた。このため、大地共有委員会を発展的に解消し、社団法人化。共有者に呼びかけて名義を法人に無償で変更することにした。

 登記費用はカンパで集め、法人は今月中に設立手続きが終わる見通し。NAA広報部は「引き続き誠意をもって地権者と話し合い、用地取得に努めたい」と話している。【早川健人】

一坪共有地

 成田空港建設が閣議決定された1966年、予定地の農民らでつくる反対運動のメンバーが、土地の名義を数百人で分割し、用地買収の手続きを煩雑にさせる目的で始めた。運動は83年、さらに細分化を進めるかなどを争点に分裂。買収や明け渡し裁判の結果、3カ所に減った。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
  3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
  4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです