メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

国側「救済立法義務ない」強制不妊札幌訴訟

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術と人工妊娠中絶を強いられ、憲法が保障する家族の形成権などを奪われたとして、北海道の女性(75)と夫(81)が起こした国家賠償請求訴訟について、国側は請求の棄却を求める答弁書を札幌地裁に提出した。旧法下の中絶や旧法の違憲性については触れず、「(救済の)立法義務はない」などと全面的に争う姿勢を見せ…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  2. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  3. 岡山県議が政活費でアップルウオッチ購入 「政務に非常に便利」必要性強調

  4. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  5. 会見後に予定入れたのは「打ち切り」のため? 原稿棒読みの場面も多く 菅首相

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです