東京

自殺の中2女子生徒へのいじめ 八王子市教委認める

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京都八王子市立中学2年の女子生徒が今年8月、電車に飛び込んで自殺を図り、9月に死亡したことが明らかになり、同市教育委員会は6日、記者会見を開き、生徒に対するいじめがあったことを認めた。学校側の初期対応にも不備があったといい、市教委は近く、自殺との因果関係や当時の学校の対応を検証するため第三者委員会を設置する。

 市教委によると、亡くなったのは永石陽菜さん(当時13歳)。遺族の了解を得ているとして名前を発表した。

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文575文字)

あわせて読みたい

注目の特集