メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

実はカッコいい役が苦手だった!? 俳優・草刈正雄が飾らない素顔を大告白&お宝映像も大放出!

 トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、11月10日午前7時半~8時)のゲストは、俳優の草刈正雄さん。

 17歳のときにアルバイト先からモデル事務所を紹介してもらい、九州から上京。日本人離れしたルックスがまたたく間に注目され、男性用化粧品のCMに抜擢されると一躍人気者に。27歳の時には深作欣二監督の大作映画「復活の日」の主演をつとめ、確固たる地位を築いた。

 当時の大作映画や懐かしい秘蔵CMなどお宝映像を交えながら、上京してスター街道をつきすすんでいった若かりし草刈さんの当時の様子を振り返る。

「記憶の中で今もきらめく1曲」は、童謡の「七つの子」。若い頃、友達と車でアメリカ横断をした時の思い出が詰まっているというこの曲への思い入れをうかがう。

 大河ドラマ「真田丸」では真田昌幸役が大ブレイクし「昌幸ロス」なる言葉が生まれるほど人気に。さらには去年5月には66歳にして自身初の写真集を出すなどますますそのダンディーな魅力が注目されてるが、実は若いころからカッコイイ男を演じるのが大の苦手だったそう。「ナイトガウンにブランデーのイメージとよく言われるけど、本当は焼酎にメザシが大好き」という草刈さん。飾らないかっこよさが、たまらなくカッコイイ草刈正雄さんの魅力にサワコが迫りる。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 堺市立小教諭、教え子の中1少女にキス 口止めも 強制わいせつ容疑で逮捕

  4. 日中合同追悼の集い 強制連行、悲劇訴える靴 6830人分、それぞれに命と家族 /東京

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです