メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

米ガールスカウトがボーイスカウトを提訴、「名称変更は商標権侵害」

 11月6日、ガールスカウトアメリカ連盟(GSUSA)は、ボーイスカウトアメリカ連盟(BSA)がプログラムから「ボーイ」を削除し、年長の女子受け入れを開始すると決定したのを受け、BSAを商標権侵害でマンハッタン連邦裁判所に提訴した。写真は5月撮影(2018年 ロイター/Greg Savoy)

 [ニューヨーク 6日 ロイター] - ガールスカウトアメリカ連盟(GSUSA)は、ボーイスカウトアメリカ連盟(BSA)がプログラムから「ボーイ」を削除し、年長の女子受け入れを開始すると決定したのを受け、BSAを商標権侵害でマンハッタン連邦裁判所に提訴した。BSAは、数十年に及ぶメンバー減少の巻き返しを模索している。

     BSAは5月、2019年2月から11─17歳の組織の名称を「スカウツBSA」に変更し、女子に対する最高位の「イーグルスカウト」の称号付与を認めると表明。また、男子と女子を対象にした勧誘キャンペーンも開始した。

     GSUSAは、これにより、ブランド力が弱まり加入者数が減少すると反発して訴訟を起こした。

     BSAは、訴訟内容を精査中との声明を発表した。また、「GSUSAを含め、子どもたちの人格とリーダーシップを育成するあらゆる組織を賞賛する。双方の組織に、われわれの社会の少年と少女に奉仕する機会が存在すると考える」とした。

     GSUSAは訴状で、BSAは「スカウト」または「スカウティング」という単語の専売特許を持つわけではないとし、名称変更はガールスカウトの活動が「除外される」脅威をもたらし、全米の家庭や学校および社会で、ガールスカウトは存続していない、またはボーイスカウトと統合したとの混乱が広がっているとしている。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. トランプ氏握手の作家ら「ご招待」? 桜井よしこ氏ら 「打ち合わせなし」
    2. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
    3. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
    4. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
    5. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです