メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 新聞社の社会部には昔から事件記者と呼ばれる記者がいる。事件現場、関係者、捜査当局への取材で特ダネを書くのが使命だ。

 私も若いころ、その端くれだった。中でも殺人事件で、被害者の家族への取材はつらかった。

 今年、「全国犯罪被害者の会(あすの会)」が18年にわたる運動に幕を下ろした。かつては遺族が遺影を法廷に持ち込むことさえ許されなかった。会の運動で2005年に犯罪被害者基本法が施行され、その後、法廷で被告に質問する権利も認められた。

 妻を殺害された弁護士の岡村勲さんらメンバーの運動を支えたのは、被害者を苦しみから少しでも救いたいと…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文885文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです