メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

市原の土砂崩れ

調整池完成せず工事 森林法抵触 県が処分検討 /千葉

 市原市大桶の市道脇の造成地で6日に起きた土砂崩れについて、造成地を埋め立てた業者が、県の林地開発許可を得る際の条件だった土砂災害防止のための調整池を完成させないまま工事を進めていたことが7日、明らかになった。県は森林法に抵触するとみて行政処分を検討している。

 県中部林業事務所と県廃棄物指導課によると、業者は東京都港区の太陽光発電コンサルタント会社で、この造成地でも太陽光発電設置などを目的に県内で購入した再生土を埋め立てていた。

 県は2016年10月、森林法に基づき、土砂崩れを防ぐため雨水などをためる調整池を完成させてから埋め…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 教祖なき後に 地下鉄サリン事件24年/中 「神格化」警戒は続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです