特集

ぐるっと東日本

「母校をたずねる」「旅する・みつける」「くつろぎの宿」「アートを歩く」などの連載を展開しています。

特集一覧

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

栃木・小山 ダチョウ 100%赤身、食感は牛肉 鉄分豊富、美容効果も /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ダチョウを食べたことありますか。低脂肪、低コレステロール、鉄分豊富……。美容効果もアスリート食としてもダチョウ肉が注目されているらしい。栃木県小山市の生産者は牛・豚・鶏に続く第4の食肉の普及を目指している。【松本信太郎】

 JR小山駅東口から車で約15分。東北新幹線の高架橋線路からほど近い小山市喜沢に牧場が広がっていた。片柳雄大さん(33)の小山だちょう園である。1ヘクタールの広さにダチョウの成鳥20羽、ヒナ40羽が飼育されている。雄の体長は2メートル30センチ、体重100キロを超え、鳥の中でも最も大きい。片柳さんは生まれたばかりのヒナを抱きながら「苦労はつきものだが、それが楽しい」と笑顔で話す。

 片柳さんは地元の高校を卒業後、建設業や運転手などさまざまな業種を経験してきた。転機は2008年のリーマン・ショックだった。県内でも公共事業が減り、建設業者が新事業としてダチョウ牧場の運営に乗り出していた。

この記事は有料記事です。

残り911文字(全文1316文字)

あわせて読みたい

注目の特集