社会人野球

日本選手権 2回戦 日本新薬、安定飛行 4-1、パナソニックに快勝 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本新薬-パナソニック】二回表日本新薬無死、黒川が右前打を放つ=京セラドーム大阪で、平川義之撮影
【日本新薬-パナソニック】二回表日本新薬無死、黒川が右前打を放つ=京セラドーム大阪で、平川義之撮影

日本新薬

  100100020=4

  000000010=1

パナソニック

 大阪市西区の京セラドーム大阪で開かれている社会人野球日本選手権第7日の7日、日本新薬(近畿・京都)は第1試合の2回戦でパナソニック(近畿・大阪)と対戦。好機に着実に加点し、1回戦に続いて無失策だった堅い守りで投手陣を支えて4-1で快勝。約1200人が駆けつけた応援団から「次も勝って2年連続ベスト4へ」などと声援が送られた。次戦は第9日第3試合(9日午後6時開始予定)の準々決勝で新日鉄住金鹿島(関東・茨城)と対戦する。

 近畿地区のライバル対決は今季の主要公式戦でこの日まで1勝1敗。「今日で勝ち越そう」と試合に臨んだ選手たちは、一回からやや苦手にしている相手投手を攻略した。今大会初めて先発で起用された1番・福田泰平選手が四球で出塁。俊足を生かして犠打などで三進し、内野安打で生還し、先制。「いいぞ」と声援が飛びスティックバルーンを使っての応援が盛り上がる。

この記事は有料記事です。

残り861文字(全文1278文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい