メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

“あいりん”の今、幻想的に ロジェー・ワルッヒ監督「独逸人」、11日に上映会 /大阪

映画「独逸人」のロジェー・ワルッヒ監督=大阪市北区で、安田美香撮影

 スイス人のロジェー・ワルッヒ監督が大阪市西成区のあいりん地区を舞台に撮影した映画「独逸(どいつ)人」の上映会が11日、大阪市中央区宗右衛門町の「みぃあ食堂」で開かれる。あいりんという場所にインスピレーションを得て撮った作品で、「開発で街が変わる前に映像に残しておきたかった」と話している。

 監督は1965年、スイスのザンクト・ガレン生まれ。10代のときに見た寺山修司監督の作品に衝撃を受け、チューリッヒ大で日本学を学んだ。現在は日本で映像作家として活動している。

 物語はブルーシートの住居が建ち並ぶ街で、そこに暮らす「ドイツ人」と呼ばれる路上生活者の男性と彼に助…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 福岡・天神ビブレが来年2月閉店 「天神コア」「福岡ビル」合わせ再開発

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです