個展

溝渕幸三さん、四季映す漢詩と写真 四万十市立中央公民館であすまで /高知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
来場者に説明する溝渕幸三さん(左)=高知県四万十市右山五月町の市立中央公民館で、大塚和助撮影
来場者に説明する溝渕幸三さん(左)=高知県四万十市右山五月町の市立中央公民館で、大塚和助撮影

 四万十市右山五月町の市立中央公民館で、「第7回漢詩写真展」が開かれている。9日まで。

 作者は、幡多地域を中心に、ウミガメ調査や植物、ダルマ朝日など、四季の風物を漢詩と写真で表現している四万十市不破在住の溝渕幸三さん(71)。ウミガメの調査などは夜明け前から出かけるが、今年ほど自然界の異常現象を感じ…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文332文字)

あわせて読みたい

注目の特集