メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中間選挙

中露、関係改善見えず

 【モスクワ大前仁、北京・浦松丈二】米国との関係が悪化しているロシア、中国とも米中間選挙の結果が米国との関係改善につながるとは見ていない。野党・民主党が下院を制したことが、トランプ政権や米議会の中露に対する強硬姿勢にすぐさま変化をもたらすとは捉えていないためだ。

ロシア

 ロシアのペスコフ大統領報道官は6日時点で「(米露)関係を正常にしていくような確かな傾向は見えていない」と指摘。上院外交委員会のコサチョフ委員長も7日、今回の結果を受けて「米政治が均衡を失い、予測が難しくなる恐れがある」との見方を示した。プーチン氏は当初、今月11日にパリで開く外交行事の際、トランプ氏と会談する方針だった。しかし日程の都合から本…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文769文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 収入減世帯の無利子融資 4割が延長 感染拡大で困窮、再延長求める声も

  5. 高橋大輔3位 アイスダンス転向後初の公式戦 フィギュアスケートNHK杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです