メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

米中間選 トランプ流、先鋭化も 再選狙い対立あおる 民主、疑惑追及へ

演説するトランプ米大統領=ミズーリ州で5日、AP

 トランプ米大統領の信任投票の意味合いを帯びた中間選挙は、上院では与党・共和党が過半数を維持したものの、下院では野党・民主党が多数派の地位を奪還した。だが、トランプ氏は民主党に歩み寄りの姿勢をみせず、「米国第一」に基づく強硬姿勢を貫くものとみられる。米国政界はますます混迷の度合いを深める恐れがある。

 選挙戦で精力的に共和党候補を応援したトランプ氏は、2020年大統領選での再選をにらむ。自身を熱狂的に支持する中西部や南部の白人労働者らを支持基盤ととらえ、支持をつなぎ留めることに注力した。

 選挙演説では、都市部のエリートや主要メディアを「敵」とみなして批判を繰り返した。中米から米国を目指…

この記事は有料記事です。

残り2434文字(全文2729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  2. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  3. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  4. ガンダムとシャア専用ザクを九谷焼の皿に 「ど真ん中世代」職人が描く 越前漆器のボトルも

  5. 薬で鼓膜再生、保険適用 大阪の病院、来月にも治療開始

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです