メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

米中間選 トランプ流、先鋭化も 再選狙い対立あおる 民主、疑惑追及へ

演説するトランプ米大統領=ミズーリ州で5日、AP

 トランプ米大統領の信任投票の意味合いを帯びた中間選挙は、上院では与党・共和党が過半数を維持したものの、下院では野党・民主党が多数派の地位を奪還した。だが、トランプ氏は民主党に歩み寄りの姿勢をみせず、「米国第一」に基づく強硬姿勢を貫くものとみられる。米国政界はますます混迷の度合いを深める恐れがある。

 選挙戦で精力的に共和党候補を応援したトランプ氏は、2020年大統領選での再選をにらむ。自身を熱狂的に支持する中西部や南部の白人労働者らを支持基盤ととらえ、支持をつなぎ留めることに注力した。

 選挙演説では、都市部のエリートや主要メディアを「敵」とみなして批判を繰り返した。中米から米国を目指す移民集団(キャラバン)が「侵略しようとしている」と主張。移民に雇用を奪われたと感じる支持層の不安感をあおり、投票所に足を運ばせることを狙った。

この記事は有料記事です。

残り2362文字(全文2729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 夜の銀座クラブ出入り 与党、疑われる本気度 コロナ対策 野党、批判強める

  3. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  4. 入院希望でもホテル行き 糖尿病のコロナ感染者が感じた大阪の医療崩壊危機

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです