メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「安息の地」へ

同時進行ルポ 6日・メキシコ市 キャラバン、米へ期待 「移民にチャンスを」

ウレアさん(左)に体を洗ってもらう長男ホルヘちゃん=メキシコ市で

 約6000人収容できるスタジアムにテントやマット、毛布が並ぶ。ホンジュラスなどからの移民集団「キャラバン」の参加者約4500人は、米国へのルート上最大の中継地点となっているメキシコ市で、思い思いに体を休めていた。一家3人で加わったホンジュラス人、ホルヘ・ウレアさん(24)は疲れを癒やしくつろぎながらも、「早く前に進みたい」と気をもんでいた。

 ホンジュラス北部サンペドロスラで大工をしていたウレアさんは、ここ3年ほど臨時雇いの仕事しかなく、一帯を支配するギャングとのトラブルで親族数人も殺害された。他の参加者と同様、貧困と治安の悪化から逃れるため妻シンディさん(25)、長男ホルヘちゃん(4)と米国行きを決断した。

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1213文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 坂本スミ子さん死去、84歳 歌手・俳優「夢であいましょう」「楢山節考」

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 大阪で新たに525人感染 死亡は14人、6日連続10人以上 新型コロナ

  5. ハローワーク堺でクラスター 職員計11人が感染 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです