メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茨城・東海第2原発

稼働最長60年 被災原発で初 規制委、延長を認可

 原子力規制委員会は7日、原則40年の運転期間を28日に迎える日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村、110万キロワット)について、最長20年の運転延長を認可した。例外扱いは4基目で「40年ルール」が形骸化する一方、安全対策費など経済合理性の観点から電力各社による廃炉決定も相次いでおり、老朽原発を運転延長するかどうかの選別も進んでいる。

 東海第2は東日本大震災で最大5・4メートルの津波に襲われ、非常用発電機の一部が使えなくなるなど被災。2014年5月に再稼働に必要な新規制基準適合(安全審査)、17年11月に運転延長を規制委に申請した。これらの審査期限は今月27日に迫っており、ぎりぎりで廃炉を回避した。

この記事は有料記事です。

残り921文字(全文1226文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港警察、黄之鋒氏を逮捕 雨傘運動リーダー 昨年の無許可集会参加疑い

  2. 漫画「鬼滅の刃」が累計1億部突破へ 10月発売の最新巻で

  3. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  4. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  5. うずくまる息子、脇に立つ父「救急車、呼ばんでいい」 あの冬の日から3カ月…救えたはずの命

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです