メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

苦難の連続だった明治という時代=国家公務員共済組合連合会理事長・松元崇

 先月、高松で開かれた日本財政学会で「正貨流出問題」について報告した。と言われても聞いたことがないという方がほとんどだと思うが、明治37~38(1904~05)年の日露戦争後の深刻な経済問題だった。日露戦争では、国家財政の7倍もの戦費を費やしながら、ロシアからは一銭の賠償金も取れなかった。経済が大きく成長するということもなかった。そのような中で、膨大な戦時外債の償還負担が、日本経済を圧迫することになったのが「正貨流出問題」である。

 夏目漱石の三四郎という小説がある。熊本から上京する汽車の中で相席になった男(広田先生)と日露戦争の話題になって、三四郎が「これからは日本もだんだん発展するでしょう」と言うと、かの男はすまして「滅びるね」と言った。三四郎が朝日新聞に連載された明治41年は、日露戦争後の反動恐慌の中で戊申(ぼしん)詔書が出された年である。今日ではすっかり忘れられているが、教育勅語、軍人勅諭と並んで明治の3大詔書とされ…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ワクチン接種「成否は支持率に直結」 マイナンバー活用の新システム、突貫工事に懸念

  2. 名古屋市の救急医療ピンチ 搬送中に心肺停止状態も 愛知県が専門チーム

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 首相、コロナ医療体制の不備を陳謝 予算組み替えには応じず

  5. 「大変な時期に」 旭川医大、コロナ巡り学長と対立の病院長解任 関係者に衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです