メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

早くも次見据え始動 大統領選へ自薦続々

2020年大統領選の候補に名前の浮上している人々

 【ワシントン高本耕太】中間選挙が終わると、米政界は2020年大統領選に向けた動きが一気に本格化する。共和・民主両党の指名候補を選ぶ予備選・党員集会の開始までには1年以上あるが、出馬が取りざたされる政治家たちは中間選期間中も「応援」の名目で各地を遊説。自身への支持固めに最も活用したのが、再選への強い意欲を示すトランプ大統領(72)だ。

 トランプ氏が集中的に訪れた地域は、白人労働者を中心とした「岩盤支持層」の多い中西部や南部の州だった…

この記事は有料記事です。

残り1302文字(全文1520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  2. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  3. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  4. 女子高生死亡事故で男性に無罪 自転車「予見」に疑い 徳島地裁

  5. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです