メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/97 第二話 姑の墓=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

 --これも縁だわね。

  と、おりんはうなずいていたという。

 かがり屋では、女たちが花の盛りに墓所の丘に登ることは、二度となかった。それどころか女花見もやめになり、男たちも村の花見に加わらなくなった。

「次々と不幸があっても、叔母は気丈にふるまっていましたが、以前のようにからっと明るい気質(たち)ではなくなり、あまり笑わなくなりました」

 おりんは、もう子供を望めるかどうかわからなかったが、入り婿が亡妻とのあいだに儲(もう)けた男の子を…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  3. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです