メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米野球

壮行試合 日本打線、反撃遅く

 野球の日本代表「侍ジャパン」は7日、福岡・ヤフオクドームで、日米野球(9日開幕)の壮行試合として台湾代表と対戦、5-6で敗れた。稲葉篤紀監督が昨年就任して以降、年齢制限のない日本代表の敗戦は初めて。

 日本は五回、岩貞(阪神)が台湾打線につかまって5点を先取され、八回に高梨(楽天)がソロを浴びた。九回に山田哲(ヤクルト)の適時打などで5点を挙げたが及ばなかった。

 日米野球は、日本と米大リーグのオールスターチームが、東京ドームでの初戦を皮切りに計6試合を行う。

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文696文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  2. 「助けて…」用水路で流される80代女性救助 女子高生に感謝状 愛媛・新居浜

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  5. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです