メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子宮移植

指針策定へ 技術・倫理的課題議論 日産婦

 病気などで子宮がない女性に、第三者から移植して妊娠・出産につなげる「子宮移植」を巡り、日本産科婦人科学会(日産婦)などは、臨床研究の指針作りに乗り出す。子宮移植の準備を進めてきた慶応大の研究チームが7日、臨床研究の計画案を日産婦などに提出。国内初の子宮移植実施に向けた一歩で、技術面や倫理的な課題などの議論が本格化する。

 子宮移植は子宮がない女性が出産を期待でき、海外では既にスウェーデンや米国などで実施され、10人以上…

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文879文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです