メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子宮移植

指針策定へ 技術・倫理的課題議論 日産婦

 病気などで子宮がない女性に、第三者から移植して妊娠・出産につなげる「子宮移植」を巡り、日本産科婦人科学会(日産婦)などは、臨床研究の指針作りに乗り出す。子宮移植の準備を進めてきた慶応大の研究チームが7日、臨床研究の計画案を日産婦などに提出。国内初の子宮移植実施に向けた一歩で、技術面や倫理的な課題などの議論が本格化する。

 子宮移植は子宮がない女性が出産を期待でき、海外では既にスウェーデンや米国などで実施され、10人以上…

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文879文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

  2. ひこにゃんも天皇陛下の即位祝う 日の丸を手に登場

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです